MENU

薬剤師になるのは大変ですよね

医療業界で働くためには、専門の資格を取得していなければならないことが多いです。

 

医師や看護師といった資格が有名ですが、
薬に関する専門職である薬剤師になることを希望している人も、
特別な資格を取得しなければなりません。

 

大学において、所定の単位を取得し、国家資格試験を受験することが必要なのです。

 

国家資格試験は、日本全国で通用する資格なので、どの都道府県で試験に合格したとしても、
日本全国で仕事をすることができます。

 

薬剤師の非公開求人が気になる方はこちら
        ↓
薬剤師の転職なら薬剤師転職ドットコム

 

薬剤師に関する求人情報は、さまざまな媒体に掲載されているのですが、
都道府県によって数が多いところと少ないところとがあります。

 

試験に合格した都道府県にこだわっていると、なかなか仕事に就くことができないことがあるので、
範囲を広げて求人情報を探すことが大切です。

 

埼玉県では薬剤師の求人が多くなっています

 

埼玉県で国家資格試験に合格した人が多く応募していますが、
近隣の都道府県から埼玉県の企業に行こうとする場合も少なくありません。

 

近年では、薬剤師のような医療業界の仕事は高い人気を集めるようになっています。

 

国家試験に合格しただけで安心するのではなく、
しっかりと求人情報を探して、就職先が決まるまで気を抜かないことが重要です。

 

 

 

埼玉で薬剤師の求人を探す










参考ページ
東京の薬剤師の求人について

高校入学時に進学先が衛生薬剤科だと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最速で薬剤師になれるでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても変更するのは簡単ではありません。

また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、試験までの期間が短いために勉強時間や実習をする時間が足りずに簡単には試験に合格できないという面もあるようです。薬剤職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、大半の人は賞与が出てから退職するため、具体的には1月、6月がオススメです。


実際に薬剤スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、落ち着いて情報収集するのが安心です。
緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、転職情報が多くなる時まで待機すると無駄がないでしょう。

薬剤師の資格を得るための国家試験は、1年に1度行われます。薬剤師の人数の不足が問題視されている日本のためには良いことに、直近数年において薬剤師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を保っています。薬剤師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできればパスできる試験です。

薬剤士の求人情報は豊富にありますが、希望に見合う条件の求人があるとは言えません。

薬剤師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。なるべく給料が高くて、職場環境が良く、夜勤のないところで働きたいと思っている方が多いでしょう。理想的な転職先で働くためには、情報収集が重要です。産業薬剤師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健の指導やうつ病防止のメンタルケアも行います。
産業薬剤師の募集は、一般公開されていないので、職業案内所で見つけるのはほぼ不可能です。

興味を持った人は薬剤師専用の転職HPを利用してください。薬剤士転職サイトには、産業薬剤師の求人なども数多く載っています。



薬剤師のための転職サイトの中に、祝い金をもらえるサイトが存在します。
転職するだけなのにお金をもらえるのはラッキーですよね。しかし、祝い金を受け取るための条件がないことは少ないので、チェックを事前にきちんとしておくようにしましょう。



それから、お祝い金のないところの方がサービスが良い場合も出てきます。修学旅行やツアーなどに随行して、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする薬剤師もいます。

既婚で子供のいる人は土日に休めたり、夜勤がない職場を希望しているものです。
病院以外を職場とするのであれば、働こうとするところに適した専門の知識を持っている認定薬剤師や専門薬剤師の資格があれば、採用が決まりやすくなります。薬剤師の勤務状態は、異業種と比較してかなり特殊な上に、職場によっても変わります。

体制は一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。
2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。

しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制の方を求める薬剤師も多いでしょう。キャリアアップを考えて転職を検討する薬剤師も世間にはいます。



薬剤師としての技量を高めておくことで、高収入を得ることも可能です。

薬剤師のやらなければならない仕事は職場次第なため、自分が合うと思える職場を探すことも大切でしょう。自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特養が合うという人も存在するので、意欲的に転職を検討するのもアリかもしれません。



専門職である薬剤師として働いている人が転職を考える際でも、違った職種に転職を考える人も少なくないです。


けれども、努力して薬剤師の資格を取得したわけですから、利用できる仕事を見つけた方がいいでしょう。



かなり異なる職種であっても、有利となる職場は多数存在しています。

頑張って得ることのできた資格ですから、利用しないのは損です。

薬剤師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。月に8回までと国の指針で定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。勤めている病院の勤務シフトによっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、長続きしない薬剤師が多い理由のひとつだと思われます。薬剤職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。

前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、勤務内容に対し給与や休暇、福利厚生などが不十分だった等、負の動機であった場合、それだけで評価を下げることになりかねません。

実態としてはその通りだったとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、未来志向であることを印象付ける志望理由を表明してください。今の職場に不満があって薬剤師が転職するときの秘訣は、やめる前に新たな職場を探しておいたほうが良いでしょう。
それに、3ヶ月ぐらいは使ってじっくりと転職先を探したほうが良いでしょう。気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、新たな仕事もまた辞めかねないので、自分の条件に合う職場をしっかりと見つけるようにしましょう。

ですので、自分の中で条件を明確にしておきましょう。


修学旅行やツアーなどに共に行き、怪我や病気に対しての応急処置や病院の手配をする薬剤師もいます。結婚していて、子供がいたりする人は土日に休むことができたり、夜勤がない職場を求めています。


病院ではないところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を備えている認定薬剤師や専門薬剤師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。

全国において、薬剤師の年収は平均して437万円ほどです。
ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている薬剤師は、公務員勤務のため、年収は平均593万円ほどになるのです。

公務員薬剤師は給料の上昇する率も民間病院より高くて、福利厚生の点でも充実しているのです。

準薬剤師の場合だと、薬剤師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。

産業薬剤師は従業員の健康が保てるように保健指導とかうつ病防止のための精神的な部分のケアも行うのです。産業薬剤師は求人の公開が一般にされていませんから、ハローワーク等で見つけるのは難しいでしょう。
興味を持った人は薬剤師転職サイトを活用してください。薬剤士転職サイトには、産業薬剤師の求人なども多数紹介されています。薬剤スタッフが別な職場を探すときのポイントは、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件をはっきりさせておきましょう。ナイト薬剤師はできない、休みの日が減るのは困る、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。


薬剤職員の価値は市場では高い状態なので、ストレスのたまる勤務場所で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。



他の職業と同様に、薬剤師の場合も何回も転職をしているとマイナス評価となるのかというと、そうとは限りません。



自己アピールの方法次第で、経験が多くあり、意欲的であるというイメージを持ってもらうことも可能です。そうは言っても、勤務期間があまりにも短いと、採用したとしても少ししたらまたやめてしまうのではないかと思われる場合も少なくないでしょう。薬剤士の場合、求人はいっぱいありますが、希望に見合う条件の求人があることは少ないでしょう。薬剤師資格の保有者で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤のないところで働きたいと思っている方が多いでしょう。

希望に合う勤め先に転職するためには、情報収集が重要になるのです。結婚と同時に転職を考える薬剤師もたくさんいます。配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職する方が良いでしょう。今後、育児を行っていく気があるのなら結婚すると同時に、時間に余裕のある仕事へと転職をすると生活しやすいですね。

イライラが多くなりがちだと妊娠しにくくなりやすいので、注意しましょう。